看護師が上手く転職するためには、未来のことを考

FXで稼ぐ

FXでこれから稼ぎたい人に気になるいろいろな話を投資家から聞いてみました。
  • HOME
  • 看護師が上手く転職するためには、未来のことを考

看護師が上手く転職するためには、未来のことを考

看護師が上手く転職するためには、未来のことを考え、迅速に行動することが大切です。



さらに、何を重点的に考えるのかを決定しておいた方がいいでしょう。


将来どうなりたいかをきっちりと考え、その希望が叶えられそうな転職先の情報を集めるようにしましょう。給与額に職場環境、勤務形態など、自分にとって譲れない条件も挙げておきましょう。
高校に入った時点で衛生看護科で勉強を始めると、他のやり方と比べて早く国家試験の受験資格を得られるため、最も早く看護師として、働けるようになるでしょう。



でも、在学中に進路を変更したくなっても変更するのは簡単ではありません。

さらに、最短5年で試験の受験資格を得られるのですが、期間が短いので試験に向けた勉強や実習が不足するために合格が難しいという欠点もあるでしょう。

修学旅行やツアーなどに連れ添って、いざというときの病院の手配などを行う看護師もいるのです。
結婚して子持ちの人は土日が休みだったり、夜勤が求められない職場を希望しています。
病院ではないところで働くには、その職場に適した専門の知識を身につけている認定看護師であるとか専門看護師の資格があると、採用されやすくなります。


昨今は高齢化社会が進み、看護師は福祉施設でも需要が増加傾向にあるのです。また、大手の会社になると医務室等にも専門の看護師がいて、健康診断や相談、ストレス等のメンタルケアを行っております。

このような事例の場合は、この会社の正社員として入社することもあることでしょう。産業看護師とは一般企業に勤務する看護師です。

看護師と聞けば病院やクリニックと結びつける人がほとんどですが、医務室が置かれている企業もあり、そこで働いている人もいます。
具体的な仕事、その果たす役割は働く会社によって異なりますが、社員達の健康を維持し、管理することは基本的な仕事でしょう。
産業看護師は従業員の健康が保てるように保健指導とかうつ病防止のためのメンタルケアもします。産業看護師の求人というのは、一般に公開されていないので、職業案内所で見つけるのは難しいでしょう。

興味がある場合は看護師転職サイトを活用してください。


転職サイトなら産業看護師の求人も掲載されることが多いです。


日本全国の看護師の年収は平均すると、437万円ほどです。

ただ、国立や私立、県立等公立病院で職を得る看護師は、公務員としての勤務であるため、年収は平均すると、593万円くらいになります。公務員看護師は給与の上がる割合も民間病院より高くて、福利厚生の面でも充実しています。準看護師の場合であると、看護師に比べて、平均年収が70万円程度低くなります。

当直は看護師の場合、16時間にもおよぶ長い時間の勤務で、勤務中でも仮眠をとることが可能です。

国の指針により月に8回までと定められていますが、現状ではそれを超える場合が多いようです。



勤めている病院の勤務シフトによっては、規則的な生活を送れなくなったり、疲れて体調を崩す人が多いのも、看護師が高い割合で離職していく理由の一つかもしれません。

看護師免許を得るには、何通りかの道すじが考えられます。

看護師の資格を取るためには、国家試験を受ける必要がありますが、いきなりは受験できません。受験資格を手にするために看護専門学校(3年間)や看護系の短大(3年間)や看護系の大学のどれかで、看護に関して学ぶことが必要だというわけです。看護師の勤務の形態は、他の職業に比べて特殊な体制であり、勤め先によっても変わります。体制は一般的に、2交代制とか3交代制のシフトで勤務が組まれているという勤務先も多いものです。

2交代は大体3割、3交代制は大体7割となっていて、かなり3交代制の病院が多いですね。



でも、2交代制の方が休みが増えるので、2交代制がいいと思う看護師も少なくありません。なぜ看護師になろうと思ったのかは本当にどんなことをきっかけにして看護師を目指すようになったのかを交えれば良い印象になります。転職の理由はこれまでに培った経験を有効活用したいより人の役に立つ技術を学びたいなど、ポジティブな印象を与えられるようにしましょう。前の職場の批判や陰口は口にしないことが大事です。看護師の職場といえば、病院だと思うのが一般の考えでしょう。



でも、看護師の資格を持った方が役立てる職場は、病院だけでなく色々とあります。保健所で、保健師の方と協力して、地域の住民の健康上の様々なサポートをするのも看護師の職務です。また、福祉施設にはドクターが常駐しているところは少なく、ほとんどの医療に関わる行為を看護師が行います。
看護師の国家試験は、年に1度あります。

看護師の人数の不足が問題となっている日本のためには良いことに、直近数年の看護師資格の合格率はおよそ90%と非常に高い水準を示し続けています。


看護師の資格のための国家試験は、大学入学のような落とすための試験ではなく、一定のラインを超えることができれば合格を勝ち取ることのできる試験です。看護士の求人情報は豊富にありますが、希望に沿う条件での求人があることは少ないでしょう。

看護師の資格を持っている方でとにかくどこでもいいから就職したいと思っている方は少ないです。
できることなら、給料が高くて職場環境も良くて、夜勤の必要がない勤務先に就職したいとほとんどの方が思っています。

理想的な転職先で働くためには、たくさんの情報を収集することが大切です。



看護師の国家試験に受かることよりも、断然、看護学校を卒業する方が難しいと感じる人も多いのです。看護学校はそういわれるほど厳しく、レポートを出すのが少しでも遅れたり、試験に通らなかったなどのちょっとしたことでも留年させてしまうようです。

それほどに厳しい学校を卒業し、国家試験も合格できた人には、ぜひとも看護師の仕事についてほしいものですね。
Copyright (C) 2014 FX投資のいろいろ話 All Rights Reserved.

Page Top